遊びのコト

【お家で遊べる】おすすめボードゲームを3つ紹介!2人で楽しめるゲームもあるよ!

こんにちは!ぐみぽこです!

※ぐみぽこのTwitterはこちらです!

今回はおすすめのボードゲームを紹介するよ!

コロナ禍で緊急事態宣言も延長される中、先行きが見えない現状にモヤモヤしますよね。

家族や友人と旅行や遊びにも行きにくいし、これから梅雨の時期に入ってますます部屋から出にくくなるというのに...。

そんな中私が去年からハマっているボードゲームを紹介したいと思います!

家でも遊べるし2人プレイからそれ以上のものまで紹介していますので、是非最後までご覧になっていってください!

ターゲット

■ 家で遊べるものが欲しい
■ ゲーム機など数万円かかるものには手を出しづらい
■ 出来る限り低コストで始めてみたい
■ 自宅で2人でも遊べるボードゲームを探している
■ 最近ボードゲームに興味が出てきた

それでは紹介していこう!!

① Quarto/クアルト

出典:Amazon

まずは『Quarto/クアルト』から!

スイスの数学者ブレイズ・ミュラーによって1991年に考案された2人用のボードゲームです!

値段は4500〜7000円ぐらいになります。

少し値段は高めですがとても面白いです!

自分は友人と勝ち残りでやっていて、気が付いたらかなり没頭してしまいました!

なんか盤面とかコマがオシャレですね!

ゲームの概要

4×4の盤上に交互にコマを置いていく。

共通の属性(形・高さなど)を持つコマを4つ一列に並べていく。

最後に4つ盤面上で並べ「クアルト」と宣言したプレイヤーが勝者となる。

コマは以下の4つの属性を持つ。

4つの属性

・色(白 / 黒 )
・高さ(高い / 低い)
・形(丸 / 四角)
・穴(有 / 無)

例えば「黒・高い・四角・穴有り」コマなどが、2×2×2×2の計16種類存在し、並んだ4つのコマが何か1つでも共通の属性を持っていれば勝利です!

また各プレイヤーが置くコマは対戦相手が選択する。従ってゲームの流れは以下の様になる。

ゲームの流れ

① プレイヤーAがコマを選択し、プレイヤーBに渡す。
② プレイヤーBが渡されたコマを任意の場所に置く。
③ プレイヤーBがコマを選択し、プレイヤーAに渡す。
④ プレイヤーAが渡されたコマを任意の場所に置く。

大体のルールや流れはお分かり頂けましたでしょうか。

とてもシンプルで分かりやすいゲームなので是非手に取ってみて下さい!

② Lost Cities/ロストシティ

続いては『Lost Cities/ロストシティ』です!

このボードゲームは色々なパッケージのものが販売されていますが、

大体3000円前後で購入して遊ぶことができます!

これも2人プレイ専用のボードゲームだよ!
ルールが少し難しいのと得点計算を間違えないようにしないと!

ゲームの概要

出典:すごろくや

ロストシティは、

遺跡探検の候補地5ヶ所に対応する色(赤・緑・白・青・黄)に

数値カード(2~10)を手札から値がより大きくなるように選んで出していき

それらの数値合計を競う2人専用のカードゲームです。

そして一番大事なルールが

候補地5ヶ所に対して、手札からカードを置いた瞬間に計20点以上の成果を上げなければいけない負担が課せられます!

なので迂闊に色んな探検箇所にカードを置いていってしまうと、終わる頃にはマイナスになってしまうケースがあります!

左から
・4+7+10=21 そこから-20で合計点数は1点
・3+4+5+10=22 そこから-20で合計点数は2点
・3+4+5+10=22 そこから-20で合計点数は2点
・2+4=6 そこから-20で合計点数は-14点

なんか戦略的要素があって難しいけど面白いですよ!
無闇に探検地を開拓していかないことが大事だね!

③ はぁって言うゲーム

出典:幻冬舎

このボードゲームは3人以上でやった方が楽しいよ!

ゲームの概要

プレイヤーは共通の台詞を与えられたシチュエーションで演じなければいけません。

他のプレイヤーがそれぞれ何を演じているかを当てにいきます。

身振り手振りは禁止!声と表情だけで伝えましょう!

大盛り上がり間違いなしのコミュニケーションゲームです。 

ゲームの流れ

①お題カードを1枚選びます。
②アクトカードを使い、各プレイヤーにお題のシチュエーションを割り当てる。
③各プレイヤーは自分に与えられたお題を声と表情だけで演じます。
④他のプレイヤーはどのお題を演じているか投票します。
⑤全プレイヤーの演技が終わったら正解発表にうつり、正解したら演技した人と投票した人に得点が入ります。

声と表情だけで伝えなきゃいけない難しさと面白さがあって盛り上がるよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2人専用のボードゲームから大人数でできるボードゲームをご紹介させて頂きました。

どれもルールはそこまで難しくありません!

ロストシティ』は少し戦略的要素もあるので、慣れるまでやってみて下さい!

自分は友人4人で2人対2人でやって、チーム戦みたいな感じでやっていました!笑

お互い相談しながら出していくカードを決めてやるのはとても面白かったですよ!

独自でルールを作ってしまうのもまた面白い要素かもしれませんね!

今となっては、かなりボードゲームにハマってしまいました!

なんか不思議と飽きることなく、一度買ってしまえば他に揃える部品などもないので、

本当気軽に遊べるゲームだと思います!

また違うボードゲームの紹介記事を書こうと思っていますので、そちらも是非ご覧になってみてください!

それでは、良いお家時間を!

-遊びのコト

© 2021 GUMILOG Powered by AFFINGER5